トップページ ⇒ くびれの黄金比率とは

くびれの黄金比率とは

黄金比率とは世の中で最も美しいとされている比率のことです。一般には長方形の比率を指し、縦と横の比率が1対1.618になっているのが理想的です。黄金比率の考え方は凱旋門やパルテノン神殿など世界的な建築物にも応用されています。身近なところでは、美味しそうに見えるコロッケの楕円の比率も1対1.618にすると良いとされています。対してくびれの黄金比率はテキサス大学のシン博士が提唱したもので、男性が最も女性を魅力的と感じるボディバランスはウエストとヒップが7:10が理想的であると発表しています。マリリンモンローがまさにくびれの黄金比率の体型で、多く男性ファンを魅了した秘密のひとつにあると言えるでしょう。

 

ダイエットをする目的は様々で、単に体重を落としたい人もいれば体のあちこちに付いた余分な脂肪を落としたい人もいます。ダイエットの方法によっては、バストがしぼんだり下腹部の脂肪が残ったりします。

 

くびれを作るには食事の制限をしただけではだめで、適度な運動でウエスト部分をして刺激するとも必要です。ウエストとヒップが7:10のくびれの黄金比率は、サイズは問題にされていないという点が特徴です。痩せ体型でもぽっちゃり体型でも、バランスが良ければ男性から見ると力的に見えるということです。ウエストが60cmでも80cmでも、ヒップとのバランスがとれていれば理想的な体型となります。しかしくびれの黄金比率に従うと、くびれにこだわるあまりコルセットなどでウエストを締め付けて細くしても、男性から見ると魅力的な体型にはならないということです。くびれの黄金比率にはヒップとのバランスを考えたサイズにすることです。