トップページ ⇒ くびれがない原因と解決方法

くびれがない原因と解決方法

ウエストからヒップにかけてのラインが一直線でくびれがないと、自信をもって水着姿になるのは憚られますし、洋服の着こなしにも問題が生じます。くびれがない原因として考えられることは太りすぎです。標準体重をオーバーしていて体全体に脂肪がついていれば、本来は凹んでいるべき部位にも脂肪が蓄積されます。また腹筋が弱くなっているのもくびれがない原因のひとつです。

 

くびれは骨盤と肋骨の間に位置しています。筋力が弱いと骨盤と肋骨の幅が狭くなって、下腹に脂肪が蓄積しやすくなり、くびれがない状態になります。中には骨格の影響でもとから骨盤と肋骨の間が狭く、くびれが出来にくい体型の人もいますが、どのようなくびれがないケースでも解決方法があります。

 

オーソドックスな解決方法は腹筋を鍛えることです。腹筋には種類があって備わっている場所が異なります。最も前面にあるのが腹直筋で、一般的な腹筋運動で鍛えることが出来ます。腹直筋を鍛えるとシックスパックスにすることは出来ますが、くびれがない状態の解決にはなりません。

 

くびれのために鍛えるべき筋肉は、最も奥にある腹横筋です。インナーマッスルのひとつで、しっかりと鍛えれば脂肪を効率よく燃焼して痩せやすい体質に出来ます。腹筋運動は苦手という場合には、姿勢を正すだけでも効果が得られます。

 

猫背は新陳代謝を悪くして、老廃物をためやすい体質にします。背筋から頭頂に棒が入っているようにまっすぐの姿勢をキープするだけでもインナーマッスルを鍛えることが出来るので、くびれがない問題を解決出来ます。ただし標準体重を大幅にオーバーしている場合には、食事及び運動療法をバランスよく組みあわせて体重を管理することも必要です。