トップページ ⇒ 骨盤が歪むとくびれがなくなる

骨盤が歪むとくびれがなくなる

骨盤は上半身と下半身のつなぎ目にあって、体の機能を正しく維持する働きを担っています。歪みが生じた場合には、健康面にも美容面にもダメージが起こります。ダイエットに骨盤のゆがみを矯正する方法がありますが、腰は上半身と下半身を単純つなぐ働きをしているだけでなく、脂肪や筋肉とともに女性特有の器官や腸などを守っています。位置が少しでもずれると内臓の機能が悪くなるため、便秘、新陳代謝の低下、血行不良、志満の原因になります。新陳代謝が衰えると脂肪がスムーズに燃焼されなくなり、骨盤の周辺に蓄積されくびれもなくなります。ウエストをくびれさせたいのならば、骨盤の歪みの矯正がカギとなります。

 

歪みが生じているかどうかは、肩や左右の鎖骨の位置が水平でない、仰向けに寝た時に左右の足の長さが違っている、などで判断出来ます。ストレッチで一時的に戻す方法はありますが、整体などで矯正術を受けた方が確実に正しい位置に戻せます。

 

下腹だけに脂肪が集中していたりくびれがなくなっていれば、施術直後にお腹周りがすっきりするのが感じられます。ただ生活習慣に注意しないと効果は長続きしません。普段の生活では、猫背になる姿勢は避けること、足を組まないことが大切です。骨盤が常に水平に保たれていれば、くびれのある体型を維持しやすくなります。

 

くびれはダイエットだけでは作れるものではありません。ウエストを支えている筋肉を鍛えると効果がアップします。筋肉は脂肪をエネルギーに変える働きがあるので、脂肪の蓄積を予防します。また血行が良くなれば、冷えが改善されて水分代謝もアップします。健康的な体作りを心がければ、自然とくびれのある体型になれます。